【お知らせ】

令和3年5月5日(水)

10:30~12:00 

御忌法要ライブ配信実施予定

上の法然上人のお顔をクリックすると 法要の様子をご覧いただけます。

 

玄忠寺の歴史


  玄忠寺は、鳥取市の市街地に位置する浄土宗寺院です。過去、火災や城郭整備のため移転を繰り返し、現在地に越してきました。その経緯を左記の古地図(鳥取城下之図、慶安3年(1650)頃作成)をもとにご紹介します。

  

 寺の創建は永正5(1508)年と云われ、当時は鳥取城に近い湯所町高浜地(現在鳥取北中学校がある付近。地図の①)にあり、庵寺のような形態ではなかったと伝わっています。

 

 その後城郭整備により矢野地(材木町、地図の②)へと移転。さらに玄好町(地図の③)へと移転しました。玄好町にあった際には、周りを池で囲まれ、『鳥府志』(江戸時代に作製された地誌)に「廻りに池を巡らし中嶋の如くにして佳景の境地なり」と記載され、鳥取名所八景の一つに挙げられています。

 

 当寺に墓がある剣豪荒木又右衛門が亡くなったのもこの時期です(1638年又右衛門死去)。

 

 その後万治3年(1660)、鳥取市内で発生した火災により全焼し。伯耆街道から城下に向かう玄関口にあたる現在地(新品治町)へと移転しました(地図には掲載していません)。この頃より、藩政史料『家老日記』の中に玄忠寺に関する記事が数多く記載されるようになり、藩内において一目置かれる寺院であった事が窺い知れます。

 

 幕府の時代が終わりを告げ、明治5年、学制が令布されると、全国で急速に小学校が創立されるようになりました。しかし当時は国に校舎を建てるだけの予算もなく、また廃仏毀釈の時世にあたり寺院が校舎に使用される事が多かったようです。玄忠寺も官有地として土地を没収され、庫裏で授業が行われていました。ちなみに玄忠寺は鳥取県内初の小学校(現在の富桑小学校の前進、進良小学校と呼ばれていた)となり、多い時には300人以上の生徒が通っていました。その後、当時の住職が檀信徒に寄付を募り、明治25年に買い戻したとの事です。

 

 その後時代は流れ、昭和58年、荒木又右衛門の遺品(刀、鎖かたびら、お守り等)や又右衛門に関わる浮世絵等などの芸能資料を展示する荒木又右衛門記念館を建立しました。また時を同じくして、鳥取県倉吉市の芸術家・高木啓太郎氏(号は百拙)の作品を庫裏に展示し、観光寺として力を入れるようになりました。広間の奥座敷には庭園もあり、落ち着いたひと時を過ごす事が出来ます。個人拝観の方へも、常駐の観光ガイドによるご案内をさせて頂いています。ご参詣の際には、荒木又右衛門記念館内の受付へお越しください。

住職


  

 写真は玄忠寺第29世田中博道住職。平成28年5月29日に先代住職の退山式並びに新住職の晋山式を営み正式に住職に就任いたしました。